メニュー

サプリメントの見極め方

[2024.06.12]

おはようございます。

サプリメントの見極め方について説明します。

 

まず、サプリメントや健康食品は、制度上「食品」に含まれます。実は、大切な情報が書かれているのは、栄養成分表示や、成分配合量、原材料名などが記載された裏面です。良いサプリメントを選ぶためには、魅力的なキャッチコピーが書かれた表面は無視し、裏面をきちんと読み取りましょう。

 

特に重要なのが、「原材料表示」になります。

「食品添加物以外の原材料を、原材料に占める重量の多いものから順に記載し、その後に食品添加物を原材料に占める重量の割合の多いものから順に記載する」というルールがあります。


たとえば、サプリメントを選ぶ際には原材料名の欄に、栄養成分よりも先に「乳糖」「ショ糖脂肪酸エステル」「セルロース」など、栄養とは関係ないものが多数記載されている製品は、あまり良い設計ではないと読み取るのが簡易の方法です。

 

また原材料には、天然と合成とがあります。

原材料の欄に「VB1」「ビタミンB1」のように栄養素の名前が記載されているものは、合成の原料を使用していることを表しています。一方、天然の素材を使用している場合は「酵母(ビタミンB1含有)」など食品の名前が記載されています。


天然原料が優れていて、合成原料が劣っているわけではありません。合成原料には「栄養成分の濃度が高いため、サプリメントの粒を小さくできる」「価格を抑えることができる」「食物アレルギーのリスクが低くなる」などの利点があります。


ただ、合成原料のほとんどが中国で生産されていて、管理がしっかりしている工場もあれば、あまり信頼性の高くない工場もあります。価格が安いものはそれなりの品質の原料が使われていると判断した方がよく、サプリメントに関しては「安くて良いものはない」と考える方がよさそうです。ただし「高いものが良い」とも限らないのが難しいところです。

ご不明な点がございましたら、お気軽にご相談ください。

 

加工食品が豊富で、食に困っていないのに、ビタミンやミネラル不足となっているのが現代で、「新型栄養失調」といわれています。

加工食品に頼りすぎず、旬な食材を使ったり、忙しい方は、サプリメントで補うのも賢い選択だと思います。

 

田中整形外科医院 院長 田中 秀

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME