メニュー

優しすぎると人をだめにする

[2023.02.28]

おはようございます。
一般的には共感ができる人が優しいといわれています。
ただ医療の現場では違うと思っています。
具体例としては、僕がよく言ってる「痛み止め」です。
優しくて共感力が高いと、痛いですよねと、痛み止めをずっと出し続けたり、注射をし続けたりします。
痛み止めの注射の味をしめて、痛くなったから、また前回の注射お願いしますと来ます。
注射に頼ってしまい、痛くなる原因を深く考えない。そういう方が将来慢性的な痛みで困ると思います。
僕は本気でそうなってほしくないので、嫌な顔をされることもよくありますが、しっかり否定していきます。
それが医者としての優しさだと思っています。
言い方は直すべきところがいっぱいあると思いますが😵
めげずにがんばります!

田中整形外科医院 院長 田中 秀

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME