メニュー

FPD(フラットパネルディテクタ)を導入しました

[2023.09.01]

今回、レントゲン室にFPD(フラットパネルディテクタ)を導入しました。
レントゲン撮影装置の中でも先進的な技術を用いており、より患者さまに負担の少ない検査を実施できると考えています。

FPDの特徴
①放射線被ばくが低減できる。
 より少ない放射線量で画像を作ることができるため、検査時の被ばくを少なくすることができるようになりました。

②検査時間、検査待ち時間の短縮
 従来、ひとつの画像を作るのに1分かかっていたところを、FPDでは3秒で画像にすることができます。

③より動かず検査ができる
 レントゲン写真を撮影する際、患部の下に引く板状の機械を変えなくて済みます。
そのため、検査時に動く頻度が少なくすみます。

今回、コニカミノルタ製のFPDが入りました!
何か検査について不明なことがありましたら、お気軽にご相談ください。

田中整形外科医院 診療放射線技師 渡邉聖

HOME

ブログカテゴリー

ブログカレンダー

2024年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME