メニュー

緑内障セルフチェック

[2024.02.07]

緑内障は、「眼圧」が高いことによって、視神経が障害され、視野が欠けていく(見える範囲が狭くなっていく)病気。
眼圧とは、眼球内の圧力のこと。治療をしないまま、緑内障が進行すると、最終的には失明に至る。

緑内障は失明原因の第1位。通常の日常生活の中では、早期に緑内障に気づくことが難しい。
一方の目の視野が欠けても、もう一方の目の見え方が正常であれば、自然に他方の目で補ったり、見え方を脳で補正する。実際に視野がかけていても、意外と本人は気づきにくい。

緑内障は眼圧の数値だけでなく、「見え方」でチェックすることがより重要。
「アムスラーチャート」
30cm程度の距離から片目で中央の白い点を見つめ、マス目の見え方をチェック。

 

マス目の線がぼやけたり、ゆがんだり、欠けたりすると、緑内障や加齢黄斑変性のおそれがあり。早めに眼科を受診しましょう。

田中整形外科医院 院長 田中 秀

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME